小川眼科について|台東区上野の眼科、小川眼科診療所

小川眼科について小川眼科について

医院の紹介

東大で教鞭を執られた小川剣三郎初代院長が1931年に開業。
その後、日本医師会会長を歴任された黒澤潤三氏、ご子息である清氏が院長を務めてこられました。
剣三郎氏の兄である小川三知のステンドグラスが多く使われた建物は、戦火にも耐えて建築当時のたたずまいを今に伝えています。

現在の小川眼科は眼科専門医を持つ女性医師たちが診療を行っています。
建物は古くても最新の機器を揃えており、院内で検査、治療を行うことができます。
手術に関しましては、患者様のご希望を聞いた上、症状に合わせて適切な医療機関にご紹介させていただいています。
日々の診療は、患者様を自分の身内、家族と思い親身になって接するように心がけております。
また窓口での対応に関しても決して事務的なものにならないよう“親切な小川眼科”をめざしスタッフ一同努力しております。
目の不調を感じた際は、些細なことでもお気軽に当院までお越しください。

登録有形文化財「黒沢ビル」
昭和6年に竣工された昭和モダンテイストを取り入れたビルティング。
ステンドグラス作家 小川三知
大正から昭和初めに活躍したステンドグラス作家。

医師紹介

加藤美名子医師

院長 加藤美名子

  • 日本眼科学会眼科専門医
  • 身体障害者認定指導医

経歴

  • 横浜市立大学医学部卒業
  • 東京逓信病院インターン終了
  • 横浜市立大学病院 眼科学講座入局
  • 昭和58年小川眼科継承
  • 黒門小学校と忍岡小学校の校医を兼ねる
星合弥生医師

星合弥生

  • 日本眼科学会眼科専門医

経歴

  • 東京女子医科大学卒業
  • 静岡済生会病院研修終了
  • 東京慈恵医科大学 眼科学講座入局
  • 平成18年より小川眼科勤務

診療内容

  • 白内障
  • 緑内障
  • 眼底疾患
    (黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜剥離)
  • ドライアイ(コラーゲン、プラグ治療)
  • 眼精疲労
  • 花粉症
  • 涙道疾患(流涙症)
  • 小児眼科
    (就学時および学校検診、弱視、斜視、色覚異常、新生児涙嚢炎)
  • コンタクトレンズ、眼鏡処方
  • まぶたの手術

連携医療機関

小川眼科診療所の外観

小川眼科診療所

東京都台東区上野2-11-6
黒沢ビル1F
03-3831-0588